介護の気付き(日常編)

目次

・ある新米職員の話

・今から結婚式にいくというAさんの話

・「ちょっと、待ってて下さい。」という言葉

・歩くことを嫌がる利用者の話

・私の居場所がなくなった話

・私のスカーフはどこにあるの

まとめ

 

ある新米介護職員の話

Aさんが、訪問介護の仕事を始めて6ヶ月の出来事です。担当した利用者Cさんは、1年前がんの治療で入院。徐々に体調も悪化し医師からは余命宣告を告げられました。Cさんと家族の希望で残りの人生を自宅で過ごすことを決め、すぐに、訪問診療の医師、訪問看護、訪問介護、福祉用具、ケアマネジャーなどが関わり在宅支援が始まりました。訪問介護で働くAさんは、清拭や排泄介助を支援していましたが、医師や看護師、ケアマネジャーとのかかわりの中で、知識や経験が少ない自分が情けなく感じ落ち込む日々が続きました。ある日、本人と家族に「知識や経験が少ない私が担当で本当にすみません・・・。」と謝りました。Cさんが「あんたの笑顔がうれしい。いつも優しく手を握ってくれるし、汚いものも嫌な顔せず取り替えてくれて、ありがとう」という言葉にAさんは嬉しくて涙を流しました。

この事例を読んで、心温まる話とは別な見方をした場合、私は次のように感じました。医師や看護、ケアマネにもそれぞれの役割があるように、介護も専門職としての役割があるのです。Aさんの心情は理解できますが、謝ることはかえって相手に失礼な場合もあります。「知識や経験あ少ない私ですが、精一杯支援させていただきます。」と伝えた方が良かったかもしれません。清拭や排泄は直接利用者の身体にふれ全身を観察できる重要な役割を担っています。もちろん知識や経験は必要ですが、医師や看護、ケアマネと比較する必要はないのです。介護職としての関わりや視点をもって他職種と連携しチームケアを行うことが重要です。

 

今から結婚式に行くというAさんの話

Aさん80代男性は元警察署長。定年後アルツハイマー型認知症が発症し在宅生活が困難になり施設に入所されました。ある日、険しい顔つきで事務所来るなり、「早くここから出してくれ」と怒って言いました。付き添っていた介護職員は「どうしました。」と理由を聞くとAさんは「今日、結婚式がある」と言うのです。詳しく確認するとどうやら今から新郎として結婚式行くため慌てているようです。それを聞いた介護職員は結婚式がないことを説明しなんとか部屋にもどそうと必死に対応していました。しかしAさんはますます興奮してしまいました・・・。

仮にAさんがあなたの友人や知人だったら(認知症でなかったら)どうでしょう。「今から結婚式がある」と言われたら「おめでとうございます!」と祝福しませんか。傾聴や受容や共感しながら対応することが認知症ケアの基本です。この事例では訴えに対して否定される言葉や態度によりますます興奮されたと考えられます。多くの利用者の対応をしている介護職員にとって一人の利用者に時間をかけることが難しいという言い訳があるかと思います。施設全体で認知症ケアの理解と対応を学びケアすることが大切です。認知症を抱える利用者に寄り添うケアを行っていきましょう。

 

「ちょっと、待ってて下さい。」という言葉

介護職員のBさんは利用者のケア中に別の利用者から声をかけられました。Bさんは「ちょっと、待ってて下さい。」と言いました。そう言われた利用者は待っていましたが、とうとう怒ってしまいました。

施設内を歩いていると「ちょっと、待ってて下さい。」という言葉をよく耳にします。この言葉に疑問を感じたことがないでしょうか。「もう暫く、お待ち下さい。」と丁寧に言えばよいという話ではありません。「ちょっと」「暫く」「もう少し」という言葉にあなたはどれ位待つことができますか。具体的に伝えることが待つ相手には親切です。何気なく使っている言葉で相手を怒らせたり、傷つけたりするものです。抽象言葉やめ具体的言葉に変えていきましょう。

 

歩くことを嫌がる利用者の話

利用者Kさんは何かにつかまれば歩くことができているが下肢筋力低下を予防するため歩行訓練を行う計画を立てましたが、歩くのが嫌いな利用者Kさんはいつも「今日は調子が悪いから止めておきます。」と言います。職員は思うようにリハビリが行うことができず困っていました。

利用者にとって歩くだけの目的では面倒に思うかもしれません。例えば、「桜を見にいきましょう。」「コーヒーを飲みにいきましょう」など利用者の好きなことや興味があることを目的にすることで思い腰が上がるかもしれません。歩くことを表面にださず、違う目的のため歩く方が楽しいかもしれません。介護は日頃から利用者の情報を取集することは重要です。利用者の意欲をどう引き出すかはあなたの情報に隠れているかもしれません。*是非「ICF」(国際生活機能分類)を活用していきましょう。

 

私の居場所がなくなった話

施設にいるMさん(認知症)はいつも決まって食堂にある窓際の椅子に腰かけていたが、ある日Mさんが椅子につまずき転びそうになりました。これをきっかけに窓際の椅子を撤去することにしました。その後、居場所を失ったMさんはあまり部屋から出てこなくなってしまいました。

あなたはの自宅で落ち着ける場所はどこですか。リビング、それとも自分の部屋、或いは台所など人それぞれ好きな居場所があるはずです。この事例では危ないから椅子を撤去するのではなく危なくないよう環境をつくる支援を検討すべきだったのでしょう。施設での環境つくりは居室だけではありません。音楽をかけたり、花を飾ったり、一人の空間がもてるようパーティションを活用するなど居場所をつくりも大切にしてほしいです。利用者にとって施設は自宅であることを忘れてはいけません。

 

私のスカーフはどこにあるの

訪問介護で働くTさんは、整理整頓が得意な職員です。ある利用者の自宅で掃除の支援を行っていた時の話です。無造作に置かれた物をきれいに整理し終えたTさんは事業所に戻りました。翌日利用者からスカーフがないと苦情の電話がありました。すぐに利用者宅に訪問しスカーフはタンスの中に片付けたことを説明し謝罪しました。

例えば整理整頓された机で仕事をしている人から見れば、たくさんの書類が積まれた机で仕事をする人をみると「なぜ」という疑問を感じたことがありませんか。しかし不思議なことに必要な書類のありかを本人は知っているのです。また子供の部屋を母親が勝手に片付けて怒られたケースもあるように、利用者の生活を支援する中で注意が必要なことは職員の思いや考えが中心になってはいけません。あくまでも利用者主体でなくてはならないのです。この事例で一番足りなかったことは説明と同意です。そして、無造作に置かれた部屋が汚れていると思い込んだことも一つの原因だと考えられます。
今から食堂にいきましょうとベッドから車いすに乗せる介護職員。これは今から出かけるから車に乗ってと同じことです。何のために食堂にいくのかという目的の説明と同意は必要です。

 

まとめ

誰かを支援をすることは大変なことだと思うこともあります。良かれと思ってやったことが結果的に事故や苦情などにつながることもあります。私が学生のころ「男が介護の仕事なんて」と馬鹿にされた記憶もあります。しかし、誰かがやらなくてはいけない大切な仕事でもあります。介護の仕事は立ち止まっている暇などないのです。利用者やその家族、そして自分自身にとって明日が幸せな日になれるよう走り続ける仕事なのです。

介護の気付き(おしゃれ編)

目次

おしゃれな職員

いつも同じ服

ある上司

ズボンのゴムがすぐに伸びる

服の思い出

お化粧の話

リンスインシャンプー

ネイル

髪型

紙パンツ

まとめ

 

おしゃれな職員の話

Aさんは、普段だからおしゃれが好きで、「この服かっこいい。この靴もいいな」とファッション誌をみながらよく言っていた。そんなAさんは、髪を茶色の染めパーマをかけ職場にいった時の話だ。Aさんの髪型をみ

た施設長はAさんを呼び出しこう言った。施設長「あなたの髪の毛は、パーマをかけ色も染めてあるね。鏡を見てみろ。どう思う?」 Aさんは、怒られると思い。「すみません・・・」と答えた。施設長「すみません。ではなく、どう思うのかと聞いている」Aさん「はい。私はかっこいいと思います」と正直に答えた。

施設長「そうだよ、かっこいいよな。あなたは、おしゃれするのに、なぜ、ここにいる利用者の、おしゃれに気を配らないの」

 

いつも同じ服の話 

月曜日(入浴日)。A職員は利用者のタンスから花柄の洋服を準備し利用者が脱いだ服を洗濯し干した。次の日(火曜日)、B職員が乾いた洋服をタンスにもどした。木曜日(入浴日)A職員は利用者のタンスから花柄の洋服を準備し利用者が脱いだ洋服を洗濯し干した。次の日(金曜日)、B職員が乾いた洋服をタンスにもどした。

何か気がついただろうか。花柄の洋服はなぜこんなに人気があるのだろう。他にも素敵な洋服がたくさんあるのに・・・。その日の天気や気分、外出などにより着る服を選ぶことは、当たり前ではありませんか。

 

ある上司の話

職業により異なる制服。例えば、医師や看護師は、白衣とナース服。会社員は、ネクタイにスーツ、調理人は白の服に白い帽子など。では、介護職員の制服はどんなイメージだろうか。ポロシャツとジャージ(ズボン)にエプロン? 上司は、「もっと、おしゃれな制服はないかしら」

子供の頃やドラマを観ていて、制服(服装)に憧れを抱いた経験はないだろうか。介護の制服で、働く意欲や憧れが生まれるかもしれません。

 

服の思い出

ある職員が、利用者のセーターを洗い間違って乾燥機にかけてしまいました。その結果、セーターは小さく縮んでしまいました。このセーターは、奥様が手編みで編んでくれた大切なセーターでした。

服は、その人が歩んできた人生そのもの。誰にも大切な服があるはずです。

 

ズボンのゴムがすぐに伸びる

ある施設では、ベッドから車いすなど移乗際、相撲のように利用者のズボンを両手で握り介助する職員が多い。その結果利用者のズボンのゴムはすぐに伸びてしまう。

介護技術の学習と移乗介助の工夫があれば、相撲をとることはないでしょう。ズボンが伸びたらどうしますか。また新しいズボンを買わなくてはならない。誰が買うのかを考える必要があります。

 

お化粧の話

ある利用者が「お化粧をしてないから外出はしたくないの。」お化粧をする歳でもないからねと笑って話す。

この何気ない言葉から、女性はいくつになっても女性でです。利用者に化粧を強要することはできませんが、化粧することを諦めてしまう生活環境にしてはいけない。化粧によって外出するきっかけとなり意欲の向上につながることもあります。

 

リンスインシャンプー

ある施設でボデイーソープとシャンプー(リンスイン)が浴室の鏡の前にセット並べられている。トリートメントやリンスはどこにあるのだろうと探す利用者。「このシャンプーはリンスも入ってるよ」と説明する職員。

皆さんは日頃、どんなシャンプーを使ってますか? 美容室からでると髪の香りが心地よく感じるものです。介護は心地よさやその人らしさを考えるサービス業なのです。特別な物品は、利用者に購入してもらうことは可能です。

 

ネイル

若い介護職員が高齢者にネイルをしていた。「爪がこんなにきれいになったよ。一度やってみたかったの」と喜ぶ利用者。一昔では考えられない光景でした。

利用者同士の話に耳を傾けると携帯電話の話、ファッションの話、政治の話、カフェの話、ネット通販の話など話題は豊富です。利用者も同じ時代にいることを忘れてはいけません。

 

髪型

女性利用者はなぜ髪が短いのか。と疑問を持ったことはないだろうか? ある施設で、毎月2回出張美容が来ます。出張美容の日、ある職員が利用者を連れて美容師の方に「なるべく短くして下さい」と伝える。カットが終了し鏡を見た利用者が「こんなに短くしちゃったの。」と言う。職員が「短い方が楽でいいよ」と声かけする。

学生時代、髪型に失敗して学校に行くことが恥ずかしい思いをした経験はないだろうか。介護は利用者主体であり、介護者が楽だからという理由はない。不適切なケアとして虐待としてとらえられる恐れがります。

 

紙パンツ

ある薬局で親子(娘と母)がおばあちゃんの紙パンツを選んでいた。娘がが母に「もっとかわいい柄や色はないの」と母に聞いていた。母は「見えないから何でもいいのよ」と答えていた。

紙パンツは白色が一般的だが、ピンク色や薄型で外見から紙パンツをはいているかわからないなど年々進化ています。忘れてはいけないことは自尊心です。ある男性に便座に座っておしっこをするよう(床が汚れてしまうから)言い続けていると意欲が低下してしまったという事例があります。これまで立っておしっこをしていたが、座っておしっこをすることが男としての自尊心が傷ついたのでしょう。紙パンツも同じことがいえるでしょう。おしゃれな紙パンツがあれば、使用することへの自尊心が傷つかないかもしれません。

 

 

まとめ

おしゃれとは気を配ること。その人らしさ(個性)を引き出すよう(自己選択)支援することが大切です。人はおしゃれを褒められると嬉しいものです。もっと楽しくおしゃれを楽しめる支援をしたいものです。*自己選択:自分で選び決めること。

 

 

介護の気づき(職員編)

目次

目的と目標がない人、あっても実行しない人

愚痴だけ言う人

結論から話せない人

整理整頓ができない人

感情コントロールができない人

挨拶・身だしなみができない人

報告・連絡・相談ができない人

意識ができない人

自己分析できない人

部下(後輩・新人)を育てられない人

まとめ

目的と目標がない人、あっても実行しない人

目的を達成するために、具体的な目標をたてる

(例)ニューヨークに行きたい

(目的)いつまでにいくらた貯める
(目標) 具体的計画→実行→達成

利用者の介護計画を立て実行できるのに、なぜ、自分の目的・目標と実行ができないのだろう。介護はプロ(専門職)です。目的・目標がない方または、目的・目標があっても実行しない方は、成長と評価がされないことを知ってほしいです。

 

愚痴だけ言う人

介護の仕事は、人間関係で悩むことも少なくありません。愚痴が、悪いということではありません。愚痴は問題点を指摘している場合があります。しかし、愚痴を言うだけで、何もしない人がいます。
○○さんは、いつも仕事が遅い!愚痴は、意見として伝えた方が魅力的です。

○○さんは、いつも仕事が遅いため、○○の方法で改善してみてはいかがでしょうか。など言い方を変えるだけで、人に与える印象は違ってます。

 

結論から話せないない人

話をするとき、1から10まで順を追って話す人がいます。

例えば、Aの場合:○○さんが結婚しした。

Bの場合:○○さんと○○さんが、いつから付き合っていて、それでね、こういう状況でこうしてこうなり、結婚したの。Bのような話し方では何が言いたいのか最後まで聞かないとわかりません。

まずは、何を話すか整理してから話すようにしましょう。結論から話すことは、相手の時間も無駄にしません。

 

整理整頓ができない人

例えば、こんな人をよく見かけます。

・机が書類やもので埋もれている

・使ったものを元の場所に戻せない

・メモ帳や手帳を使いきらず、たくさん持っている

・パソコンの画面に貼り付けたファイルでいっぱい

など必要なものと必要でないものを切り離すことができければ、仕事が効率的に進みません。介護はチームケアです。整理整頓ができなければ、介護の質が落ちるのです。

 

感情コントロールができない人

介助者の思いにとは別の行動に対して、イライラしたり、プライベートと仕事の感情の切り替えができ無かったりする方を見かけます。そもそも、介護は介護者が優先者ではなく、利用者を優先すべき仕事です。また、プライベートと仕事の感情切り替えのできないなんて問題外の話です。不の感情は、虐待を起こしてしまう可能性もあります。

 

挨拶・身だしなみができない人

介護の仕事に関わらず、挨拶・身だしなみは社会人として基本です。挨拶身だしなみができない人は個人だけでなく、会社の印象も悪くなります。私が利用者であれば、こんな人には介護をされたくありません。

 

報告・連絡・相談ができない人

・指示・命令された仕事が一区切りした時

・特別なこと(トラブルなど)が起こった時

・予定より仕事が長引きそうな時

・長期の仕事の進行状況、中間報告

・仕事が終了した時

など報告が遅れ、上司に「あの件はどうなった」などと聞かれる前に報告が必要です。連絡では、口頭のみでの連絡が多く「言った」「言わない」の話になったり、相談では、問題が大きくなってからの相談しするなど、相手のことを考えない行動が見られます。何を伝え、どう相談するのか整理してから話す必要があります。また、自分なりの考えや意見がない(人任せな人)人もいます。報連相は、相手のことを考えて行う仕事です。いつ(タイミング)誰にどうのように伝えるのか考え行ってほしいです。

 

意識できない人

・自宅のものや自分のものは、大切にするのに、会社の備品は大切にしない。

・自宅のものや自分のものを買うとき、使うときコストを考えるのに会社のものは考えない。

・旅行など遊ぶときは、時間を気にするのに仕事では時間を意識しない。安全や改善も意識が必要です。

意識できない人は、意識しないだけの人です。

 

自己分析できない人

・自分のことより、他職員のことが気になる

・組織や上司が悪いと責任転換をする

・常に自分が正しいと思い込む・間違ったことをしても謝らない

など他職員、組織、上司のことをいろいろいう人ほど、自己分析ができていない。

 

部下(後輩・新人)を育てられない人

知識や技術を大事にしまっておく人がいますが、自分が苦労して得た知識や技術だからこそ、部下に教えるべきだと私は思います。得るたことから今度は、人に教えることを学べるチャンスです。日本介護福祉士会倫理綱領に、「後継者の育成」介護福祉士は、すべての人々が将来にわたり安心して質の高い介護を受けれる権利を享受できるよう、介護福祉士に関する教育水準の向上と後継者の育成に力を注ぎます。とうたっています。

まとめ

今回取り上げた○○の人は、実際に私が20年以上介護の仕事で実際に見てきた人たちです。共通することは、言い訳や口だけで行動に移せないく、クレーム(苦情)や人間関係でのトラブルが多いのです。できない人、やらない人は、「やる」と本気で決めていない人です。介護のプロ(専門職)として、成長と継続し続けるこは、大変なことですが、それがプロです。